専照寺だより

御正忌報恩講法要

今月の9日から16日までの間、「西本願寺」にて宗祖親鸞聖人のご遺徳を偲び、そのご苦労を通じて、阿弥陀如来のご本願によるお救いをあらためて心に味あわせていただく法要の「御正忌報恩講法要」が修行されています。

中にはもう既に参拝された方もいらっしゃるかもしれませんね。

私も学生の頃は京都に住んでいたので、期間中何度かお参りに行ったものです。

15日の夜から16日の早朝まで行う「通夜布教」では、何人もの講師が交代しながら布教します。

始めは一生懸命聴聞するのですが、夜も遅くなると眠気と闘いながらの聴聞になってしまっていました。当時は朝まで起きていましたが、今は無理かもしれません・・・

また法要では何十人もの僧侶が声を合わせてお経を唱えるので、その光景に「なんと素晴らしいものだ」と感動したのを今でも覚えています。

どなたでもお参り出来ますので、ご興味のある方は西本願寺へご参拝下さいませ。

 

 

 

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

改葬・墓じまい等のご相談も随時受付中!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)1134

ページトップ