専照寺だより

葡萄

そろそろ葡萄の旬も終盤となる頃でしょうか。葡萄園の横を通りすがりに、たわわな実がみずみずしく実っていく様子を観察しておりましたが、先日にはすでに収穫されておりました。

私の実家では母が家庭菜園で葡萄を育てているのですが、今年はよくできたから持って帰りなさいと包んでくれました。

元々は祖父が生前に植えたものだそうで、最初の頃は、まったく実がつかず、祖父が亡くなってから数年でやっと実がなりはじめたそうです。食べられるほどの実がつくようになると今度は鳥や動物に食べられてしまったりして、なかなか収穫できず・・・対策をしてやっと美味しい葡萄をいただくことができるようになりました。

とても上手に実ったと聞いて、どれどれ・・・と私もいただきましたが、本当に甘くて美味でした。美味しく頂けるように育てあげるまでの苦労を知ると、感謝の念も増すものですね。

尊いおめぐみをおいしくいただき、ますます御恩報謝につとめます。

おかげでごちそうさまでした。

 

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

改葬・墓じまい等のご相談も随時受付中!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)1380

ページトップ