専照寺だより

落とし物???

道端を歩いていると、たまに「なんでこんなものが???」というモノが落ちていることがあります。軍手やタオル、片方だけの靴はよく見かける光景ですが、この前道を歩いていると、道路いっぱいに「もやし」がまき散らされていました。

買い物途中に落としてしまいそのまま放置したのか、故意に誰かが捨てて行ったのか、よく分かりませんが不思議な光景でした。どちらにせよ、その道路前の家の人からすればとても迷惑な事ですよね。

今私がよく通る道路に、テレビと洗濯機が不法に投棄されています。

これらを処分するのには数千円の処分費用が掛かる為に、その費用を払いたくないと捨てて行ったのでしょうか。

以前テレビで、何もないところに一つのゴミを捨ててしまうと、他の人も「ここにはゴミを捨ててもいい」という意識が働く為にゴミがゴミを呼ぶ悪循環になるというのを見たことがあります。

確かに物を買う時にも費用がかかり、捨てるのにも費用がかかるというのは嫌かもしれませんが、決まり事はみんなが意識して守ること。不法投棄はやめて頂きたいものですね。

 

 

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

改葬・墓じまい等のご相談も随時受付中!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)1090

ページトップ