専照寺だより

母の日

本日5月12日は母の日、日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日です。アメリカでは、アン・ジャービスへの教会での追悼にさかのぼり、5月の第2日曜日に祝い、日本もそれに倣っていますが、その起源は世界中で様々であり日付も異なります。例えばスペインでは5月第1日曜日、北欧スウェーデンでは5月の最後の日曜日に当たるそうです。

年を重ねると、「ありがとう」の一言が、照れくさくてなかなか言えませんよね。

それなりにきちんとした贈り物を・・・と考えがちですが、幼い頃に自分で作った肩たたき券や、画用紙に書いた似顔絵・・・あの時笑顔で喜んでくれた母は、どんな贈り物であっても必ずまた素敵な笑顔を見せてくれるでしょう。

母親が健在の場合は赤いカーネーションを贈り、母親が鬼籍に入っている場合は白いカーネーションを贈ることが一般的であると言われています。今年もまた手紙を添えて、母に赤いカーネーションを贈ります。

お母さん、いつもありがとう・・・。

 

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

改葬・墓じまい等のご相談も随時受付中!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)895

ページトップ