専照寺だより

敬老の日

本日9月の第三月曜日、9月21日は「敬老の日」にあたります。

敬老の日は「長年にわたり社会に尽くしてきた老人の方々の長寿を祝う日」ということですが・・・皆さまおじいちゃん、おばあちゃんに感謝していますか?

「老」という字は「老い」から連想するとポジティブなイメージでは無いかもしれません。老いるということは仏教における四苦の1つ「老苦」、人間である限り避けては通れない道であります。ですが、たとえ肉体的、精神的に衰えたとしても、その方々の先達としての経験、知識は紛れもない積み重ねの賜物でございます。

また、ポジティブな意味の「老」もあります。日本で言う教師や教員のことを中国語では「老師」と言います。学問や勉強を教える先生に対しての敬称として使われます。

敬老の日をご縁に、これまで形のあるもの、ないもの、沢山の物事をいただき、道を示していただいた先達の方々に対して感謝いたしましょう。

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

改葬・墓じまい等のご相談も随時受付中!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)1384

ページトップ