専照寺だより

合掌・礼拝の作法

本日は、仏事で大事な「合唱・礼拝」の作法について説明します。

合掌は、まず両手を合わせて親指と他の四本の指の間にお念珠を掛け、親指でお念珠を軽く押さえます。指を揃えぴんと伸ばし、肘は張らないようにしましょう。両手をみぞおちの前辺りで、伸ばした指先が上体から見て約45度になるように保ち、お念仏をいただきます。

img006

礼拝は、合掌の姿勢のままゆっくりと上体を約45度傾けます。この時ぴんと伸ばした指が地面と平行。つまり元の姿勢の上体から見て指がちょうど90度くらいになっていればきれいな合掌なのですね。

img007

その後、おもむろに元の姿勢に戻し合掌を解きます。

合掌、礼拝に限らず、作法を心がけることは仏事に対しての日々の心構えを表すものであります。

ご家族皆さんが集まった時、あらためて作法を確認し合い、報恩感謝の心を深め合っていただければと思います。

南無阿弥陀仏

 

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

改葬・墓じまい等のご相談も随時受付中!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)1378

ページトップ