専照寺だより

ホトトギス

最近ホトトギスの鳴き声をよく耳にします。夜に良く鳴いているように感じますが、他の鳥が鳴いていないので目立つのでしょうね。朝はキジの鳴き声の方が目立ちます…。

ホトトギスの鳴き声を昔から「テッペンカケタカ」等と表現されていますが、自分にはどうしても「キョッキョッキョキョキョキョ」のようにしか聞こえません…。

現代においては電気、照明、そしてテレビなどの娯楽も発達し、家から出ずにそれこそカーテンでも閉めてしまえば昼と夜の違いを感じることもありません。

ですが、電気のなかった時代においては昼と夜の違いは歴然であったでしょう。家の中では油に火をつけないと灯りを取れませんし、外には街灯もなく懐中電灯もないので、夜に外を歩くのは提灯などを用意せねばなりません。そうした中でこのホトトギスという鳥は夜間でも昼間と変わらず大きく特徴的な声で鳴くので、今よりももっと目立っていたことでしょう。

当時の人々は「テッペンカケタカと言っているように聞こえるね。」

「いや私は・・・と聞こえるけど。」というように夜の闇の中のホトトギスを話のタネに談笑し楽しんだのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

改葬・墓じまい等のご相談も随時受付中!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)1273

ページトップ