専照寺だより

庚子

今年、2020年は子年ですが、正確には「庚子(かのえね)」というそうです。

本来干支は、十干の「干」十二支の「支」、この二つを合わせて「干支」となります。

十二支とは、皆さまよくご存じの「子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥」ですね。そして、十干とは数詞のことで「甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸」です。十干の「10」と十二支の「12」を組み合わせた60種類が十干十二支なのですね。60歳を迎えた方を還暦というのは、十干十二支が一周して“歴が還る”という意味が込められており、お祝いするようになったそうですよ。

言葉の成り立ちや意味は面白いものです。意味を知ると、また違った気持ちでお祝いできそうですね。

 

 

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

改葬・墓じまい等のご相談も随時受付中!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)1128

ページトップ