専照寺だより

ドングリ

先日歩いていると道端でドングリを見つけました。

ドングリを見ると小さい頃に拾った思い出が蘇り懐かしい気持ちになります。

ドングリと言いますと・・皆さんどのような形の実を思い浮かべるでしょうか?

どんぐり

このようなずんぐりした形の物や、もっとスマートな形の物・・いろんな形状のものがありますよね。

調べてみると、ドングリとは広義的にはブナ科の殻斗(上の写真で言いますと、ドングリが乗っているゴワゴワしたもの)に覆われた果実のことを指すそうです。

つまりは皆さんの大好きな秋の味覚の栗もドングリなのです。栗の殻斗はトゲトゲしていますね。ドングリ自体の形も色々違っておもしろいですが、殻斗もゴワゴワなものもあれば、帽子のようなものもあり、また栗のようにトゲトゲのものもあったりと、殻斗の違いはより顕著でおもしろいですね。

道端に落ちているドングリを見つけた際は、殻斗の方も見てみると面白いかもしれませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

改葬・墓じまい等のご相談も随時受付中!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)1095

ページトップ