専照寺だより

おはぎ

お彼岸といいますと、春は“ぼた餅”、秋は“おはぎ”をお供えするものと伝えられています。ぼた餅は、牡丹餅というように牡丹の花を、おはぎは、お萩というように萩の花をそれぞれ見立てて作られています。小豆の赤色と、牡丹や萩の色が同じ色として、元々、牡丹は丸くて大きな花なのでぼた餅も大きく丸い形、萩の花は細くて小さな花なので、おはぎも小さく細長い形で作られていたようです。

昔は砂糖が高級品であったため、普段から口にできない高級品であるぼた餅、おはぎは、大事な日や大きな節目、大切な人へふるまう時の食べ物でした。現在、ぼた餅やおはぎは簡単に手に入るものではありますが、代々言い伝えられお供えをしてきたことは、彼岸会という仏事を大切にしてきたことの現れなのでしょうね。

 

 

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

改葬・墓じまい等のご相談も随時受付中!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)1024

ページトップ