専照寺だより

彼岸入り

本日より秋の彼岸入りです。令和元年の秋のお彼岸は、本日9月20日から9月26日までの7日間です。秋は秋分の日を中日として前後3日間、また、春は春分の日を中日として前後3日間がお彼岸期間となります。

お彼岸という仏事行事は日本ではじまりました。“暑さ寒さも彼岸まで”といわれているように、日本の気候からすると暑からず寒からず、であるこの時期は、お念仏、お聴聞をいたしましても気持ちが良いもので、仏事に適していますね。

境内や山々を見渡してみると・・・そろそろ枯れ葉や紅葉が目に移ります。秋は果てるいのちの儚さや美しさを感じ、また生への想いを馳せる季節・・・。

秋のお彼岸参りは、今ある私たちのいのちを見つめなおす機会としても、大切な時期となりますね。

 

 

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

改葬・墓じまい等のご相談も随時受付中!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)1023

ページトップ