専照寺だより

風物詩

この時期になると色々な所で稲刈りをしている方々をよく目にします。

私の実家でも数年前までは稲作をしており、毎年の新米を楽しみにしていましたが、ここ最近は手間がかかりすぎるとやめてしまいました。

その事を聞き知った稲作をされている何人かの御門徒さんより、

「家でできたお米ですが、良かったらどうぞ」とお米をお供えとして頂く事が増えました。

私も「どこどこの何々さんからお米頂いたからそっちに送るわ」と父より連絡がある度にご相伴に与っています。

顔見知りの御門徒さんが作っているということで、店で買ったお米より何倍も美味しく感じます。

ただ最近は高齢化も進み「お米づくりも今年で最後かもしれません」とおっしゃる方もあり・・・残念なことです。

色々な思いと労力のもと、丹精込めて作られたお米を今日も美味しく頂いております。

 

 

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

改葬・墓じまい等のご相談も随時受付中!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)1020

 

ページトップ