専照寺だより

正座の姿勢

皆さま正座をする時、どのような姿勢を心掛けていますか?

一番よろしいと思う正座の姿勢は、やはり腰をピンと伸ばしている姿勢です。

腰をピンと伸ばすと言っても、ただ単に腰を意識するのではなく、お尻を意識して…ぷりんとお尻を出っ張らせる感じでしょうか。また、腰だけでなく肩を後ろに引くようにすれば、上半身全体が真っ直ぐに見え見栄えもぐんとよくなります。

正座の姿勢は足のしびれ、痛みに直結するのですよ。

姿勢が悪いと何だか気になってごそごそ動いてしまいますが、正しい姿勢を最初に意識して座れば、あとはその姿勢を持続すればいい訳です。

つまり、正座の途中で動いてしまうから足に負担がかかり、余計に足がしびれたり痛くなってしまうのです。

綺麗な姿勢は見栄えも良いので、どうぞ皆さま正しい姿勢で正座をすることを心掛けてみて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

改葬・墓じまい等のご相談も随時受付中!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)896

ページトップ