専照寺だより

枝垂れ梅 八分咲き

まだ少し肌寒い時もございますが、やわらかな春の日差しを受けて、専照寺の枝垂れ梅は八分咲きとなりました。2月20日に開花してから丁度3週間という時が経過し、いま見頃を迎えようとしています。

一昨日の強い雨に打たれたことで、中には少し弱っている花も見受けられます・・・きっと咲き始めの頃に開花した花でしょうね。後から後から開花する花に囲まれる中、先に散り行く花・・・というのも、風情があるものです。

数多くに分かれた長い枝のそれぞれに、ぎゅっと閉じていた蕾たちが、柔らかくほぐれ、綺麗な淡紅の色に染まり、ふんわりと・・・いまにも開こうとしています。

満開まであと少し、カウントダウンの始まりです。

8分咲き

 

 

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

改葬・墓じまい等のご相談も随時受付中!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)835

ページトップ