専照寺だより

するめ

昨年の暮の話ですが、家でするめを食べていると「ガリッ」と変な感触が・・・。

音の主を舌先で探してみると、左上の奥歯の詰め物が見事に取れていました。

「この前もするめを食べていたら詰め物が取れたんだよなぁ・・・歯医者にまた行かなきゃならないのか・・・」と思いながら、次の日かかりつけの歯医者さんに電話したところ年末の忙しい時期の当日に予約を取らせて頂く事が出来ました。歯医者さんありがとうございます。

話は少し変わりますが、現代人は昔の人と比べ噛む回数がとても減っているそうです。現代人と戦前の人の一回の食事あたりに噛む回数は2倍以上違うらしいのですが、よくよく小さい頃を思い出してみても、祖母は私よりゆっくり食事をして良く噛んでいたように思います。

良く噛むことによって満腹中枢が刺激され、ダイエットや健康にもつながるとされています。食べ物に対しての感謝の気持ちも込めて、よく噛むことは大切ですね。

するめを食べていて歯の詰め物が取れたのは私の不摂生によるものですので私が悪いとして、みなさんも健康のためにするめを・・・とは言いませんが、よく噛む習慣を心がけてみてはいかがでしょうか?

南無阿弥陀仏・・・

 

 

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

改葬・墓じまい等のご相談も随時受付中!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)771

ページトップ