専照寺だより

立冬

昨日は立冬でございました。「冬の気配を感じる日」とされており、暦の上ではこの日から冬・・・ということですが、随分と温かく、過ごしやすい日でございました。

立冬は、立春・立夏・立秋と合わせて「四立(しりゅう)」といい、季節の区切り目として重要視されています。これは、太陰暦を基にしている為、現在の太陽暦では季節にずれが生じてしまうようです。

少し温かい日が続いておりますが、確実に冬が近づいています。寒い冬にはついつい寒さで身体を丸く小さくしてしまいがちになります。その季節折々の旬の食べ物は、沢山の栄養を蓄えていて味も良く、身体にも良いといいます。冬の食べ物で元気を補って、寒さに負けずに過ごしましょう。

 

 

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

改葬・墓じまい等のご相談も随時受付中!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)714

ページトップ