専照寺だより

帰すべきところ

よく人生は、旅であると言われます。しかし旅であるとするなら、最後に帰り着くところが、明らかになっていなければなりません。そうでなければ、行くあてのない、「流浪の旅」になるでしょう。

では人生の旅で、最後に帰り着くところは、どこでしょうか?

このことがはっきりし、約束されていないと、どんな楽しみの多い日々であっても、不安を持ちつつ人生の旅を終えることになるでしょう。

浄土真宗の教えは、人生の本当の目的を示し、帰るべきところを教えています。私たちの帰るべきところ、それが阿弥陀如来のお浄土です。私どもは、決して浄土から出てきたわけではありません。しかし、親のいるところが子供の帰るべきところですから、祖師がたも、浄土を「家郷」とか「本家」と呼んでおられます。

親鸞聖人は、先立っていったお弟子を偲んで、「かねて申していたとおり、必ず浄土でお会いします」と記されています。お浄土は、同じ念仏を申す者が、もう一度、会えることのできる世界です。「阿弥陀経」には「倶会一処」・・・共に会うことができると、説かれています。

お浄土で再び、先立った人々と会わせていただくことができる・・それまでゆっくり人生を味わわせていただきましょう。   合掌

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

改葬・墓じまい等のご相談も随時受付中!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)710

ページトップ