専照寺だより

読書の秋、読経の秋

夏の頃のことを思うと大分涼しくなり、過ごしやすくなってきた秋の今日この頃でございます。

秋は読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋など、「~の秋」と言われる季節ですよね。

なぜこのように言われるようになったのか気になりませんか?

上の三つの秋に共通するのは「過ごしやすい気温」です。頭を使うにしろ、体を動かすにしろ、秋のこの時期の気温が一番適しているそうです。

この過ごしやすい良い気候をご縁としまして「読経」、つまりお経を読ませていただくことに励みたいですね。

お経を読むにもお腹から声を出しますので体力を使います。また、文字を見てちゃんとその通りに発音するには頭も使います。お経の意味、内容を味わい、声を出して読む・・・きっと良い発声ができることでしょう。

色々な所からご仏縁を頂けることに感謝の日々であります。

南無阿弥陀仏・・・・。

 

 

 

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

改葬・墓じまい等のご相談も随時受付中!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)698

ページトップ