四無量心 | 神戸市でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら【専照寺】

専照寺だより

四無量心

私達は様々な因果関係によって、その時その時に違ったキャラクターに変わるものですが、これを仏教では、「心は無常」であるからだと考えます。

基本は皆、自分も他人も、全ての人々が幸せであることを望んでいることでしょう。

しかしそれには一人一人の心の在り様が非常に重要となってまいります。その肝となる心の働きを「四無量心」といい、この言葉の持つ「全てのものに等しく平等な限りない大きな四つの心」という意味は、まさに「仏様の御心」のようでございますね。

四つの心は、それぞれ4つの言葉で表され、「慈」は人の幸せを願う心、「非」は人を悲しみから救う心、「喜」は人と共に喜びを感じる心、「捨」は偏りを無くし平等に平静を保つ心とされております。

常に心が無常であるからこそ、その在り方は自らが意識しなくてはならない・・・「四無量心」とは、私達がどのように生きるべきか・・・という問いに対する仏様からのお答えなのでしょうね。

 

 

 

 

 

専照寺では、すべての納骨所において宗派問わず、永代供養しております。

費用は永代使用冥加金として

屋上納骨所 140 万円、普通型 130 万円、

中型 70 万~80 万円、小型 30 万~40 万円、永代棚  20 万円、

維持・管理費不要、見学随時受付中!!

兵庫県神戸市北区でお墓・納骨堂・永代供養のお寺なら[専照寺](浄土真宗 本願寺派)511

ページトップ